• 人と衣類と環境にやさしいクリーニング

家庭用洗濯洗剤を「汚れ」や「素材」ごとに使い分けてオシャレ度UP!

昨シーズンに続き今シーズンもニットがとても可愛かったですね!

モヘア・アンゴラ・カシミア・アルパカ…色々な素材はもちろん、ループニットやプードルニットなどモコモコしたデザインがとても可愛くて目を引きます。

ウール素材は軽くて暖かくて見た目も可愛くて冬のオシャレに最適ですが、誤った洗濯方法では縮んだり、型崩れをしたり、ボリュームがなくなったりします。

家庭用洗濯洗剤は大きく分けて3種類

  1. 粉洗剤
  2. 液体洗剤
  3. オシャレ着用洗剤

それぞれの特徴は?

1.粉洗剤(弱アルカリ性)

 皮脂汚れやタンパク質汚れ(酸性汚れ)をしっかり落とすのに最適です。

 黄ばみ汚れの予防や子供服、運動着、汗をたくさんかく夏には特におススメです。

 ただし、洗浄力が強い分デリケートな素材は傷んでしまう可能性があります。

2.液体洗剤(ほとんどが中性)

 界面活性剤を主体に作られていて、柔軟剤が一緒に入っている製品も有ります。

 アルカリ性の粉洗剤より洗浄力が弱いため、汗をあまりかかない季節や軽い汚れに使うのがおススメです。

 水に溶けやすくすすぎも短めですむので、時短や節約にもGoodです。

 洗浄力が弱い分、衣類のダメージは少なくなります。

3.おしゃれ着用洗剤

 こちらは衣類のダメージをより重視して作られた洗剤です。

 毛玉やスレを防ぐ成分が配合されているもの、肌や環境に配慮された製品などがあります。

 デリケート素材を優しく洗えますが、洗浄力もかなり弱めなので、タイミングを見てクリーニング店でしっかり汚れが残らないようにするのがポイントです。

 

大切な衣類をいつまでも長く、おろしたての様にオシャレに着こなして下さいね!