• 人と衣類と環境にやさしいクリーニング

≪雨にぬれた衣類のお手入れはどうしていますか?≫

6月に入りそろそろ憂鬱な雨の季節がやってきますね。昨今、長雨や突然のゲリラ豪雨など、衣類や靴が影響を受けることも少なくないと思います。

ぬれてしまった衣類や靴、ご家庭ではどんなお手入れをしていますか?

一番多いのが「乾いたタオルで拭いた後、乾燥させる」だと思います。

実は簡単にひと手間かけることで衣類や靴を長持ちさせることができるのです。

その簡単なひと手間とは、「乾いたタオル」を「固く絞ったぬれタオル」に変えるだけ!以外かと思うでしょうが、ポイントは「ぬれタオルで水拭きする」です。

≪雨には汚れが含まれている≫

雨には少なからず汚れが含まれています。当然、汚れを含み雨にぬれた衣類を、放置しておくと、酸性やアルカリ性にかたよった状態になるので、生地や皮革を傷めることになります。

そこですぐに洗えない衣類や靴などは応急処置が必要になります。

●お手入れ衣類編

まずは、「固く絞ったぬれタオル」で水拭きしましょう。汚れを拭き取りつつ、酸性やアルカリ性を薄めるのが目的です。水拭きした後は、型崩れを防ぐため形を整えて肩幅に合うハンガーで干してください。

しかし、デリケート素材のシルク・キュプラ・レーヨンなどは専門のクリーニング店へ早めに出すことをお勧めします。

●お手入れ靴編

革靴や革サンダルなどに雨染みができた経験がある方は多いと思います。薄い色の靴だと雨染みがくっきりしてしまうことが多いですね。そこで、境目をぼかすように「固く絞ったぬれタオル」で水拭きしましょう。こうすることで、乾いた時の雨染みが残りにくくなります。

ぬれて拭いた革はとても乾燥しやすいのでひび割れ、縮みを防ぐために、乾いた後は革用クリームを塗って油分を補って、革の表面の乾きすぎを防いでください。

≪雨にぬれないようにするのが一番!≫

雨にぬれてしまったものは仕方ないので、応急処置をご提案しましたが、なんといっても、ぬれる前のひと手間で衣類や靴を保護することができます。梅雨時期は雨にぬれる前に、撥水スプレーなどでぬれるのを防ぐというひと手間を加えてはいかがですか?市販の防水スプレーを使用したり、クリーニング店でしっかりと撥水加工を追加するのもおすすめです。

 

レインパック新登場!