• 人と衣類と環境にやさしいクリーニング

今年は記録的な日照不足となっていますが、この時期ご家庭でのお悩みで多いのが洗濯物ですね。。。

雨の日が多く通勤着がびしょびしょにぬれることも多かったのではないでしょうか?ご家庭で水洗いができるものはいいのですが、スーツなどクリーニングに出さなければならないものは、とりあえずそのまま干すだけになってしまうので、汚れや臭いが気になります。

また普通の洗濯物も部屋干しするので、なかなか乾かなくてストレスになりますね。

そこで、生乾きでおこる衣類のトラブルや、ひと手間かけて乾きやすくする工夫を紹介します。

生乾きでおこる衣類のトラブルは臭いとカビ

生乾きの嫌な臭いや、しまいっぱなしの衣類のカビ、すべての原因は汚れ・温度・湿度です。

簡単なひと手間で、この時期のトラブルを回避しましょう。

部屋干しを嫌がって洗濯物をため込んでいませんか?

臭いの原因の汚れは、時間がたつほど落ちにくくなります。洗濯機に洗濯物をぎゅうぎゅうに詰め込むと、汚れは落ちにくくなります。洗濯機は容量の7割くらいの洗濯物で洗うのがよいでしょう。せっかく洗濯しても汚れが残っていれば、臭いや、カビの原因となります。雨降りでもこまめに洗濯しましょう。

洗濯物の下から扇風機で風を当てる

部屋干しで早く乾燥させるには洗濯物の下から扇風機で風を当てるのがよいでしょう。この時、びっしりと隙間のない状態で干してしまうと、風が当たりにくくなるので、ある程度の間隔をとってください。

厚みのあるハンガーに干すようにすれば、衣類の内側にも風が当たり乾きやすくなるでしょう。

気を付けていたのにスーツにカビが。。。

気温も湿度も高いこの時期、特に今年の湿度は尋常ではありません。

何着も着まわしているスーツですが、うっかり雨にぬれたまま乾かしただけでしまい込んでいませんか?

気づいたらカビがついてしまった!なんてこともあると思います。やはり原因は汚れ!

目には見えなくても汗や泥はねなどが残っています。最近では家庭で洗濯できるスーツなどもありますが、ご家庭でのアイロンがけには苦労することでしょう。カビは虫と同じく、生地を食べてしまいます。カビ取りをした後生地に穴が開いているということも珍しくありません。そうなるともう着られなくなり悲しくも高価なスーツがごみ箱へ。。。そうならないためにも定期的にクリーニング店に出すことをおすすめします。