• 人と衣類と環境にやさしいクリーニング

まだまだはっきりしないお天気が続きますが、街頭では夏祭りののぼりや提灯が、あちらこちらで目につくようになりました。お祭りといえば縁日・花火・浴衣などワクワクする夏の楽しみが思い浮かびます。時代は平成から令和に移り変わり浴衣を着る機会が増えています。例えば、いろいろなイベントなどで浴衣の方にはサービスが有ったり、友だち同士で浴衣パーティーを開いたり。浴衣をもっとカジュアルに楽しんでもらうために、今回は知っているようで知らなかった浴衣についての雑学をお届けします。

 

浴衣の歴史・由来

浴衣の起源:平安時代の貴族が着ていた「湯帷子(ゆかたびら)」が起源と言われています。当時サウナのような蒸し風呂(入浴で湯につかる習慣がなかった)へ入る際に、入浴中の汗取りと、裸を隠すために着用されていました。江戸時代に入ると庶民の間でも湯上りに涼むためバスローブのような感覚で広まっていきました。

浴衣は右?左?どっちが前?正しい浴衣の着方

浴衣を着るときに襟は右が上?左が上?と悩んだ経験はありませんか?正しい着方は自分から見て右襟が下、左襟が上になります。洋服は男女で合わせが違いますが、浴衣は男女とも同じなので気を付けてくださいね。

浴衣はどれくらい着たら洗うの?

浴衣は頻繁に着るものではないので、着たら毎回洗う必要はないと思います。ですが、最近の気候は猛暑のためたくさん汗をかきます。汗は生地を傷め汗染みや変色、カビの原因になりますので「汗をたくさんかいたな」と感じたら洗いましょう。「それほど着ていなかったし、汗もあまりかかなかった」と感じたらハンガーに吊るして風通しの良い場所で陰干しすれば大丈夫です。

浴衣を洗う時の注意点

最近では家庭用洗濯機で洗えるリーズナブルな浴衣も多く出回っています。洗う際には失敗しないためにも家庭用洗濯機で洗えるのか、必ず洗濯表示をご確認ください。

また、浴衣は色や柄がさまざまで、金粉が施されているものも有ります。色落ちや柄がにじんでしまったり金粉がはがれてしまう可能性が有るので、くれぐれも洗濯表示の確認を忘れないでください。ご心配ならばクリーニング店に出すことをおすすめします。

来シーズンにも着られるようにご家庭でお手入れしていた浴衣もシーズンオフにはクリーニングに出してからしまうことを、おすすめします。